京掛軸メニュー
京掛軸へのこだわり

京掛軸とは?

京掛軸の北原先生

京掛軸が出来るまで

京掛軸商品一覧ギャラリー

京掛軸の取り扱い方

四季折々の京掛軸

京掛軸の
  ご家庭での取り扱い方
                 


   1       2      3      4       5      6

         
京掛軸インフォメーション


初めての京掛軸

京掛軸のご注文方法

京掛軸のお支払い方法

京掛軸の発送について

会社概要

通販法の法規

プライバシー保護

お問合せ

リンク集

     
     
本紙と裂の取り合わせ
仕立てる本紙(書・絵)にあわせ裂の取り合わせをします。

2・3

本紙の肌裏打
最終に仕上がる厚さのバランスを考慮し美濃紙等を選択し裏打作業を行う
裂の裏打
裂も同様に作業する。
5・6
本紙裁ち
裏打作業後、仮張りに張り込み十分乾燥した本紙をめくり、決められた寸法に断つ
 
                         
                 
                           
ご予算で選ぶ京掛軸

〜100000円の京掛軸

100000円〜300000円
  の京掛軸

300000円〜500000円
  の京掛軸

500000円〜
  の京掛軸
                 
                         
     
   7      8       9     10      11     12 
 
                 
               
裂断ち
   裂も同様の作業をする
付け廻し作業 裂地の糊付け
   決められた寸法に断たれた裂地に糊をつける。
付け廻し作業 一文字
   表装形式によりますが、この形式の場合、一文字から行います

10
付け廻し作業 柱
   その次に両柱をつけます。
11
付け廻し作業 上下
   最後に中と上下をつけます。
12
付け廻し作業終了
   すべて終わり、しばらくそのまま休ませます。
 
                                   
                           
                                   
               


  13      14     15     16     17      18   

 
             
13 14
断ち
決められた寸法に巾を切断します。両端の部分はと呼ばれ1分ほど折り返す筋を引きます
15
端折
両端の先ほど引いた筋をおります
16〜20
総裏打ち作業(糊付け 上置き 打ち刷毛)
仕上がりの厚さのバランスをみて、総裏の紙(宇田紙等)を寸法に断ち、紙と紙が重なる部分は(繊維をほぐし重なっても厚さが変わらなくするための技法)をする。 紙は台の上で糊付けをし尺であげる。別の台には(折り返しの耳の部分に糊をつける)をし、天地に軸をつけるための袋(軸袋)をつけた掛物をおく上部には上巻(薄い絹)を置き順番に紙を置いていく継ぎ目は喰裂きが重なりすぎずまた、隙すぎ無いようにつないでいく。全部の紙を置いたら打ち刷毛で全体を打ち紙を裂地と本紙に打ち込んでいく
 
                                   
                           
                                   
             
  19     20      21     22      23      24
 
             
16〜20
総裏打ち作業(糊付け 上置き 打ち刷毛)
仕上がりの厚さのバランスをみて、総裏の紙(宇田紙等)を寸法に断ち、紙と紙が重なる部分は(繊維をほぐし重なっても厚さが変わらなくするための技法)をする。 紙は台の上で糊付けをし尺であげる。別の台には(折り返しの耳の部分に糊をつける)をし、天地に軸をつけるための袋(軸袋)をつけた掛物をおく上部には上巻(薄い絹)を置き順番に紙を置いていく継ぎ目は喰裂きが重なりすぎずまた、隙すぎ無いようにつないでいく。全部の紙を置いたら打ち刷毛で全体を打ち紙を裂地と本紙に打ち込んでいく

21

総裏後 仮張りの張り込み
打ち刷毛終了後、撫で刷毛で毛羽立った紙の繊維を取り除き表面を落ち着かせます
22
乾燥終了 
仮張りに張り込み乾燥させながら落ち着かせます。十分な期間をかけてゆっくりと乾燥させます。
23
数珠摺り
乾燥終了後、仮張りから捲り、裏にイボタと呼ばれるロウを塗り、ガラスの数珠で裏をすっていきます(数珠摺り作業)これは紙の繊維を柔軟にするため。
24
端すき
両端の余分な紙をすいていきます。端よりほんの少し中に入るくらいのところですきます。
 
                                   
                           
                                   
             


   25      26     27      28      29      30

 
             
25
上軸付け
上軸(半月とも呼ぶ)をつけます。
26
風袋付け
風袋を決められた寸法のところに縫い付けます。
27〜29
下軸付け
下軸(軸木ともいう)をつけます、両端には軸先がついています
30
?打ち(かん打ち)
上軸に掛け緒(ひも)を通す金具を打ちつけます
 
                                   
                           
                                   
                   
   
   31     32      33      34
       
                                   
             
31〜32
紐ひき 巻き緒
軸を掛ける紐(掛緒)と収納するときに使う巻き緒をつけます
33〜34
完成 
収納するときに痛まないよう風袋の下と巻き緒の下に当て紙をします。
桐箱収納の際の注意
    必ず防虫香を入れてください。虫は糊や紙を好みます。
    又、ナフタリンは絶対やめてください。軸物のシミの原因です。
 
                                   
 
   
                                   
 

リンクフリーです。

下記をコピーして下さい。

バナータイプ

テキストタイプ
京掛軸専門店
山北光運堂


  初めてのお客様へ

インターネット上のご注文は24時間
いつでもどうぞ!
お電話でのお問合せは

京都本店
営業時間:AM10:00〜PM:700
定休日:毎週水曜日・お盆・年末年始
TEL: 075−343−2300
FAX: 075−361−0604

東京店
営業時間:AM10:00〜PM5:00
TEL: 03−3822−8518

発送について

入金確認後、在庫のある場合、原則7〜10日間以内の納品になります。
在庫のない場合は、北原亮先生の場合は1ヶ月半です。
  店舗所在

京都本店 
〒600−8029 
京都市下京区寺町通五条上る西橋詰町786番地3
電話 075−343−2300
FAX 075−361−0604

東京店
〒114−0014 
東京都北区田端1−7−17
電話 03−3822−8518