京掛軸が出来るまで

仕立てる本紙(書・絵)にあわせ裂の取り合わせをします。

最終に仕上がる厚さのバランスを考慮し美濃紙等を選択し裏打作業を行う

裂も同様に作業する。

裏打作業後、仮張りに張り込み十分乾燥した本紙をめくり、決められた寸法に断つ

裂も同様の作業をする

決められた寸法に断たれた裂地に糊をつける。

表装形式によりますが、この形式の場合、一文字から行います

その次に両柱をつけます。

最後に中と上下をつけます。

すべて終わり、しばらくそのまま休ませます。

決められた寸法に巾を切断します。両端の部分はと呼ばれ1分ほど折り返す筋を引きます

両端の先ほど引いた筋をおります

仕上がりの厚さのバランスをみて、総裏の紙(宇田紙等)を寸法に断ち、紙と紙が重なる部分は(繊維をほぐし重なっても厚さが変わらなくするための技法)をする。 紙は台の上で糊付けをし尺であげる。別の台には(折り返しの耳の部分に糊をつける)をし、天地に軸をつけるための袋(軸袋)をつけた掛物をおく上部には上巻(薄い絹)を置き順番に紙を置いていく継ぎ目は喰裂きが重なりすぎずまた、隙すぎ無いようにつないでいく。全部の紙を置いたら打ち刷毛で全体を打ち紙を裂地と本紙に打ち込んでいく


打ち刷毛終了後、撫で刷毛で毛羽立った紙の繊維を取り除き表面を落ち着かせます

仮張りに張り込み乾燥させながら落ち着かせます。十分な期間をかけてゆっくりと乾燥させます。

乾燥終了後、仮張りから捲り、裏にイボタと呼ばれるロウを塗り、ガラスの数珠で裏をすっていきます(数珠摺り作業)これは紙の繊維を柔軟にするため。

両端の余分な紙をすいていきます。端よりほんの少し中に入るくらいのところですきます。

上軸(半月とも呼ぶ)をつけます。

風袋を決められた寸法のところに縫い付けます。

下軸(軸木ともいう)をつけます、両端には軸先がついています


上軸に掛け緒(ひも)を通す金具を打ちつけます

軸を掛ける紐(掛緒)と収納するときに使う巻き緒をつけます

収納するときに痛まないよう風袋の下と巻き緒の下に当て紙をします。

必ず防虫香を入れてください。虫は糊や紙を好みます。
又、ナフタリンは絶対やめてください。軸物のシミの原因です。