表具の歴史

表具の歴史は古く、飛鳥時代に佛教の伝来と共に請来した経巻などの擬製に端を発するとされています。


最も早い時期の佛画に施された表装が、掛軸の原初形態であると考えられ、奈良時代から平安時代にかけて屏風・衝立・襖の原型も見られます。

藤原期には佛画が掛軸の形で使われた事が文献によって知られています。

鎌倉時代には、禅宗文化や建築様式の変化に伴い宋朝表具の影響を受けながら、次第に日本的な技術として消化整理され、次の室町時代東山文化において一大完成期を迎えます。

一方、障壁画も盛んに描かれて寺院や武家邸宅を飾り、大画面の得られる屏風なども今日に近い技術まで発達しました。